スポーツ

箱根駅伝2019の順位やタイムの結果速報!往路優勝は2年連続東洋大!

箱根駅伝2019が1月2日・3日で開催されています。
今年は95回大会、23チームが出場しています。

1月2日に往路が終了しました。
まだ明日もあるので、どこが総合優勝するのかはお楽しみですね。
往路の順位を速報でお伝えしていきます。

箱根駅伝2019往路順位を発表

なんと東洋大学2年連続7回目の往路優勝を果たしています。

順位 記録/タイム差 チーム
1 5:26:31(0.00) 東洋大学
2 5:27:45(1.13) 東海大学
3 5:29:15(2.44) 國學院大学
4 5:29:59(3.23) 駒澤大学
5 5:31:36(5.05) 法政大学
6 5:32:01(5.29) 青山学院大学
7 5:32:05(5.33) 順天堂大学
8 5:32:08(5.36) 拓殖大学
9 5:33:30(6.58) 帝京大学
10 5:33:32(7.00) 中央学院大学
11 5:34:14(7.43) 明治大学
12 5:35:26(8.55) 中央大学
13 5:35:37(9.06) 日本大学
14 5:35:53(9.21) 国士舘大学
15 5:36:06(9.34) 早稲田大学
16 5:36:33(10.02) 日本体育大学(繰り上げスタート)
17 5:37:15(10.44) 東京国際大学(繰り上げスタート)
18 5:39:41(13.10) 神奈川大学(繰り上げスタート)
19 5:40:10(13.38) 城西大学(繰り上げスタート)
20 5:42:26(15.54) 上武大学(繰り上げスタート)
21 5:43:07(16.36) 大東文化大学(繰り上げスタート)
22 5:44:16(17.45) 山梨学院大学(繰り上げスタート)
5:44:17(17.46) 関東学連(繰り上げスタート)

10分以上の時間差で復路のスタートが繰り上げスタートとなります。

箱根駅伝2019の往路での区間記録は?

区間 区間記録 氏名 チーム
1 1:02:35 西山 和哉 東洋大学
2 1:06:18 パトリック・M・ワンブイ 日本大学
3 1:01:27(区間新) 森田 歩希 青山学院大学
4 1:00:54(区間新) 相澤 晃 東洋大学
5 1:10:54(区間新) 浦野 雄平 國學院大学

5区はなんと5人も過去の区間を塗り替えていたほどでした。

また、3区、4区、5区と区間新記録ということで今年は例年よりもレベルの高い学生が多いですね。復路も楽しみです。

さて、引き続き注目校を見ていきましょう。

箱根駅伝2019の注目校は青山学院大学

注目はやはり5年連続総合優勝をかけている青山学院大学

当日エントリーで3区(21・4キロ)に起用された森田歩希が1時間1分26秒の区間新記録をマークし、7人抜きで首位に浮上しましたが、
4区(20・9キロ)で岩見秀哉が区間15位と失速。
東洋大に3分30秒の大差をつけられ3位に後退すると、山上りの5区(20・8キロ)の竹石尚人もペースが上がらず、順位をさらに落とし、
最終的に5分29秒差をつけられ、6位でゴールしています。
1月3日の復路で逆転し、5年連続総合優勝できるのでしょうか。
楽しみですね。

まとめ

箱根駅伝2019の往路の順位をまとめていきました。
2年連続7度目で東洋大学が往路優勝しています。

明日1月3日、このまま1位を守りきれるのか。それとも東洋大学を抜いていくのか。
10位以内に入ると来年の出場権も得られるので、そこも気になるところですね。

明日の復路も速報でお伝えしていきたいと思いますので、お楽しみに。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください